大人ニキビの主な原因

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

思春期のニキビの主たる原因である、成長ホルモンの分泌が増す事に影響されての皮脂過多から、結果塞がれた毛穴が化膿してニキビとなる流れとは異なり、成人後の大人ニキビの主たる原因として、男性ホルモンの増加に伴う体内のホルモンバランスが崩れ、結果皮脂過多を招く展開が見逃せません。とりわけ女性の身体は20代中後半を境に、女性ホルモンの分泌の減少傾向が始まり、加えて日常抱える精神的なストレス、不規則な食生活や睡眠不足など、日常生活全般に関する乱れなど、幾つもの要因が複雑に絡まる事で、大人ニキビの症状悪化に拍車が掛かります。

体内で増加傾向を見せる男性ホルモンは、皮膚の下の皮脂線を刺激する働きを見せ、結果適量を越えた皮脂が毛穴を通じて皮膚上に送り出されます。結果余分な皮脂が次第に固体化から毛穴を塞ぎ、白ニキビと称されるニキビの初期症状を招きます。ここに更に睡眠不足が加われば、体内の血流が鈍化し、肌に必要十分な栄養素や酸素が行き届かなくなり、結果肌の免疫力低下や角化に繋がります。

大人ニキビはこのように年齢、生活環境、心身の不具合などが重なった結果生じる、身体が訴えるSOSシグナルとも捉えられ、適切な早期発症予防が結果、心身良好な状態の維持に繋がります。